• 文字サイズ

理事長あいさつ



 日頃より、当センターの業務運営につきましては、格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 当センターは、昭和51年4月に設立されて以来、積算・施工管理、台帳管理、災害復旧等の発注者支援事業、公共工事の品質確保に必要な材料試験事業、建設技術者の技術力向上に資する研修事業などを行ってまいりました。
 平成14年4月には財団法人青森県下水道公社と統合し、下水道施設の維持管理を行い、公衆衛生の向上や生活環境の改善、公共用水域の水質保全を図るとともに、下水道に関する普及啓発などにも努めてまいりました。
 平成25年4月からは、法人制度改革に伴い公益財団法人として新たなスタートをいたしました。このことから公益法人として公益目的事業の拡充に努めることとし、平成26年度より研修助成事業を新規に実施したほか、更に今年度中に新たな事業を実施すべく準備を進めているところであります。

 さて、近年の公共事業では、老朽化が進むインフラの維持管理や更新に効率的に対応することが求められております。また、突発的に発生する地震や豪雨などによる自然災害には、迅速かつ的確に対応する必要があり、甚大な被害を受けた場合には長期にわたる対応を要することもあります。

 このようなことから、当センターは、社会資本の整備や維持管理に対する総合支援に、より一層取り組んでいく所存であり、災害時には総力を挙げて支援してまいります。今後とも、公益法人としての責務を果たすべく、役職員一丸となって努めてまいりますので、引き続きご指導とご協力を賜りますとともに、さらなるご活用をいただきますようお願い申し上げます。


 平成29年4月1日

                          公益財団法人青森県建設技術センター

                           理 事 長    加茂谷 敦 実



先頭へ